おすすめ、GITZO 一脚・雲台 そのた

photo

お疲れ様です! 一脚、調べてみました。ジッツオ・マンフロット・シルイです。

使い心地、耐久性・ステイタスでは、やはりジッツオのカーボンが一押しになります。
予算があれば、頭に自由雲台を入れると見た目も含め最強です。

ただし、値段も最強ですが。

多分ジッツオなら、買い替えもなく死ぬまで使えます。三脚・一脚は、レンズ沼を同じくらいの底なし沼なので、僕もそうですが、安いものを買っても、結局買い替えてしまいます。僕はスタジオではジッツオの三脚をメインに使っています。なんの不満もなく、その上がないので、他の三脚を見ても目移りしません。

また、ジッツオは各パーツを使い回しできますので、後々、三脚なんかを追加で買っても、雲台は使えます。あと、細かいビスの一本まで部品発注できるのもいいと思います。

もともと、ジッツオはフランスのメーカーで、機関銃の台座などを作っていたため、細かい精度が、民間レベルではなく、所謂ミルスペック級です。

カタログ上、対荷重は12kgなので、一眼レフにヨンニッパでも余裕です。友人のスポーツカメラマンが同型を使っています。持ってみたらば、それは羽のように軽かったです。

pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”>

あと、シルイと、マンフロットは、価格もかなり安く、まーまー、作りもそこそこで、このクラスだと、ガタはきますが、ガタがきたら買え変えても惜しくはないと思われます。マンフロットはアルミ製です。若干重いです。
シルイは作りはまーまーですが、やはり中華製なのでそこそこです。

参考にしてください。

GITZO 一脚 トラベラー 2型 カーボン 6段 GM2562T
自重 0.41kg/最大耐荷重 12kg

GITZO 雲台 トラベラー センターボール 2型QD GH2781TQD

pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”>

Gitzo Inspires
Welcome to Gitzo Youtube Page! Professionals all over the world over acknowledge Gitzo tripods, monopods, heads and accessories as setting the industry's sta...

Manfrotto 一脚 Element アルミ 5段 レッド MMELEA5RD

SIRUI(シルイ) カーボン一脚 P-326

この記事を書いた人
Kouichi Teragishi

Teragishi photo Studio® 仙台在住のフォトグラファーです。

Kouichi Teragishi フォローよろしくお願いします!

コメント

ja 日本語

Copyrighted Image

タイトルとURLをコピーしました