Mcintosh MC 240 vintage 1960’s【動画あり】

About me

2013年頃より始まりました、当社スタジオの音響システムプロジェクトのために、その2

完全オーバーフォールを施した1960年代のMcintosh Mc 240です。

当スタジオでは、VOTTO A2をシネマ音響再現のため設置し、アンプにはALTEC 1570メインスタジオ内ではALTEC 612/604Cの前期型をフライングにて設置しています。

僕のスタジオでは、VOTTO A2をシネマ音響再現のため設置し、アンプにはALTEC 1570メインスタジオ内ではALTEC 612/604Cの前期型をフライングにて設置しています。

今、僕が加わっているプロダクト『ELVIN SOUND MANUFACTURING CO. INTEGRATED AMPLIFIER GT-Z』に行き着くまでの道のりで使ってきたパワーアンプ。

そのプロジェクトで集めたパワーアンプは多岐にわたり、今回お譲りするMc 240を始め、 ALTEC 1570/1569・CRWND45/D150/D300・アンプジラ・pass など多数です。

外見も含めピカピカのコンディションで過去にMcintosh クリニックを2度も受けたステッカーが誇らしく輝いています。各部、オーバーフォールしてあり、当時のMc240の音が再現できております。パーツ類も厳選したものを使ってあり、真空管も全て定数マッチングをとり組み付けてあります。

おっきな画像はこちらにおいています。http://teragishi.com
Mcintosh C20 vintage 1960’s の記事はこちらから!

スタジオに持ち込み、マイクを立てリスニング位置を想定して録音してみました。

リファレンステストに使ったスピーカーはVOTTO A2・612/604Cの前期型 銀箱・JBL D130+375+075 4346 など多岐にわたります。簡単な音撮りですが動作確認動画を作りましたのでご観覧ください。

Mcintosh C 20 Mc 240
簡単な録音ですが雰囲気を伝えるため動画を作りましたのでご観覧ください。
  • Pre=McIntosh C20
  • Power=McIntosh MC240
  • Ph.Motor=Linn Sondek LP12+sme 3009inp+SHURE V-15 Type III
  • Speaker=JBL Viscount
  • https://youtu.be/UIAW1qz1maM
録音に使用したレコーダーはZOOM PCM/ICH6 にSHURE SM58 ×2。最高24bit/96kHzのWAVフォーマットでマイク直で撮りました。ムービーの方はソニーのSONY HDR-MV1 BC 今見たら画像悪いです(笑) 音いじりは Steinberg CUBASEです。

テストに使ったレコード↓

1581_A Night At The “Village Vanguard” Sonny Rollins

AllMusic Review by Scott YanowSonny Rollins,

one of jazz’s great tenors, is heard here at his peak with a pair of piano-less trios (either Wilbur Ware or Donald Bailey on bass and Elvin Jones or Pete La Roca on drums) stretching out on particularly creative versions of “Old Devil Moon,” “Softly As in a Morning Sunrise,” “Sonnymoon for Two,” and “A Night in Tunisia,” among others. Not only did Rollins have a very distinctive sound but his use of time, his sly wit, and his boppish but unpredictable style were completely his own by 1957. Truly magical. [Originally released as separate albums, A Night at the Village Vanguard has also been reissued in its entirety, complete with alternate takes.]

https://www.allmusic.com/album/a-night-at-the-village-vanguard-vol-1-mw0000188596

THE SOUL OF TOOTS THIELEMANS

AllMusic Review by Scott Yanow

This somewhat obscure date by the great jazz harmonica player Toots Thielemans also features the leader playing some fine guitar (most notably on “Lonesome Road”) and taking one of his first whistling solos on “Brother John.” With pianist Ray Bryant, bassist Tom Bryant and drummer Oliver Jackson completing the quartet, Thielemans is in excellent form introducing two of his originals and jamming such tunes as “You Are My Sunshine,” “Nuages” and “Confirmation.” The music on this enjoyable 1986 Doctor Jazz reissue LP of a Signature session is currently out of print.

https://www.allmusic.com/album/the-soul-of-toots-thielemans-mw0000197284

Mcintosh C20と、このMc 240。このギラギラした組み合わせは、まさに最強で、出てくる音も、まさにこの見た目とイメージが会うから不思議です。黒い黒人のその油っぽさというか、なんというか。音にはバリッと比嘉が生え、そのキレのよさは動画でも伝わって来ます。

音がいいとか悪いとか、そんんことを通り越して、ただレコードに針を落とし、真空管の光を眺めながら、その妄想に浸り続けられる幸せは、何事にも変えがたい。

Mcintosh C20 vintage 1960’s

結構な数のオーディオネタがあるので、また書きます!2020″ Thank you for your viewing ! We look forward to shooting you! Teragishi photo Studio® photo by K.Teragishi® 

この記事を書いた人
Kouichi Teragishi

Teragishi photo Studio® 仙台在住のフォトグラファーです。

Kouichi Teragishi フォローよろしくお願いします!

コメント

ja 日本語

Copyrighted Image

タイトルとURLをコピーしました