ジムニー JB23 レストア5回目『ハンドルとシフトノブ』編

ジムニー&エブリィ

ハンドルとシフトノブで内装一段落です。

JB23 レストア5回目 内装編 take3、

ハンドルとシフトノブで内装一段落です。ハンドルは時代物のナルディ。若い頃から使っているお気に入りのハンドルで、当時貧乏だった僕の唯一のブランド品で、すごく大切にしてました。

当時、車を乗り換えてもハンドルは手放さず、車を変えるたびにつけていたハンドルでしたが、時は変わり、いつの頃からか時代はエアバックとなり、それととともに倉庫の片隅に。

今回、偶然にもボスが手に入り、JB23につけてみました。シフトノブも愛用のアルミ削り出し。本革のナルディの手に吸い付くような感覚と、アルミ削り出しのシフトノブの、そのひんやりとした、かっちり感が、あぁ、なんだか、あの頃を思い出すように、すごくしっくりきてご機嫌でした。

当事物のナルディのハンドル、もう絶版なのかな?調べてみたら、MOMOに似たようなデザインのものが出ていました。ナルディのクラシックもカッコいいですが、僕は断然こっち派ですね。
あと、やっぱり嬉しかったのは、ボスがまだ有ったこと。正直助かりました。ないものだとばかり思い、某ヤ○○クやメ○○リなんかで探したんだけれど、知ってかしらずか、綺麗なものはプレミア価格、安いものはゴミみたいなコンディション。まさかと思ってググったら、アマゾンで出てきました。感謝。

取り付けてみましたが、ピンの位置も問題なく、ホーンも快調、ウインカーも戻りよし、ウインカーに指がかかんないということも無かったのでオススメです。何より当時と変わらない価格が嬉しいですね。

次回はヘッドライトも含めた電装関係と、防錆処理した部位の仕上げ、ボディは全塗前に一度バフを当ててみる予定です。そして内装を仕上げた僕は、一路、蔵王へ向かいました。

ではまた!!

お問い合わせはこちらから!!

この記事を書いた人
Kouichi Teragishi

Teragishi photo Studio® 仙台在住のフォトグラファーです。

Kouichi Teragishi フォローよろしくお願いします!

Teragishi photo Studio® 撮影ご依頼はこちらから!
サイト内プリントサービスはこちらから!

コメント

ja 日本語
X

Copyrighted Image

タイトルとURLをコピーしました