JB23 レストア11回目 モンスポ ハイトアップスプリング&ステンレスマフラー取り付け

ジムニー&エブリィ

モンスタースポーツ(旧鈴木スポーツ)のスプリングに入れ替え

JB23 レストア11回目、そんなこんなでめまぐるしいほどの忙しさの中、でもJB23計画は着々と更新中です。で、前回、足回りを新車外しの純正サス&コイルに変更して組み付けしばらくはこれで行くなんて語っていたのですが、舌の根も乾かぬうちに、ジムニー系ではとても定評のあるモンスタースポーツ(旧鈴木スポーツ)のスプリングに入れ替えました。(笑)

残念ながら、一人で作業していたため、詳細な写真がありません。口径のでかいMTタイヤとスプリングで、ぐっと車高も上がり、走行安定性やギャップの突上げ等、大幅に改善。これはマジお勧めです。リンク貼っておきます!

だいたい、友人たちのリフトアップジムニーは、3インチアップぐらいから、高速走行性能低下が見られ、ひどい時にはジャダー等で悩まされたります。

ゴリゴリのクロカンは、ひとまず置いておき、僕は、40mmアップのハイトアップ スプリングを選択しました。この仕様ですと、ショックの方は先に更新した純正カヤバで問題なく、車検等も基準内でおさまります。

見た目のバランスもかなり腰高が抑えられ、サイズアップしたマッドテレーンとの相性もすごくカッコよく決まります。いかにも走りそうなイメージです。前後のバンパーをカットして、シャーシブラックで塗り上げました。

で、次はバンパーで悩む

車高をあげて、インチアップしたタイヤおはかせたら、その存在感をより引き立たせるために、バンパー選びです。
いゃ、、実際、これにはかなり苦労しました。物が物だけに、そんなに次から次に買い換えるわけもでいず、それに、今回のコンセプトは、いい感じにやれたビンテージ感を狙ってのこと。

この選択いかんで、ださくもカッコよくもなります。

前後、純正バンパーカットの後に取り付けたのはFRPのバンパーです。世の中凝ったデザインのバンパーは数ありますが、値段とそのシンプルな形状で僕はこれを選びました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JB23 ジムニー フロントバンパー リアコーナーパネルセットJIMNY スズキ SUZUKI エアロ
価格:8580円(税込、送料別) (2020/3/11時点)

楽天で購入

ちなみにLED付きもありますね

商品精度は、見た目通り何万円もするものと比べたらかなり劣ります。フィッテングや塗装などそれなりに手はかかりますが、まぁ、ここまでの値段とルックス、ぶつけても買い換えればいいや、と思わせる潔さで一択ですね。

さらに無骨な感じを狙い、缶スプレー、艶消しブラックで適当に塗装しました。

スキッドプレートは?剥き出しのフレームについて

ここで、世のジムニー 屋さんに行けば間違えなくスキットプレートを進められるわけですが、ここはあえてスキッドプレートなしでまとめてみました。色んな情報が飛び交っていますが、飾りのスキッドプレートにはそこまでの強度はなく、車検のためとの触れ込みもあるようですが、今回、車検には引っかかりませんでした。

シャーシブラックで塗り上げ、直接ナンバーを止めてあります。シンプルでかっこいいと思います。

巡航120kmでハンドルの取られもなく

テスト走行をしてみましたが、巡航120kmでハンドルの取られもなく、段差越えも大丈夫でした。かなりフラットダートよりにセッティングされたコイルのようですが、さすが元スズキスポーツだけあり、よく出来てるなぁ、と感じました。どちらにしても、経験から、某ヤ◯○クに転がっている、3inc UP中華足回りセットは気をつけた方が賢明だと思います。

その辺で止めておけばいいものを、本日、オーダーしてあったWirusWin/ウイルズウィン、ジムニーJB23用ショートマフラーオールステンのマフラーが到着。音、作り、質感ともに良好。それに、オールステンなのにこのお値段、お勧めなのでリンク貼っておきます!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【WirusWin/ウイルズウィン】ジムニー(JB23)用ショートマフラー【smtb-k】【kb】
価格:15400円(税込、送料別) (2020/3/10時点)

楽天で購入

早々に取り付けました。もちろん純正バンパーは無残にも切りきざまれゴミ箱行き。

バンパーレスで行くことに決めたのですがナンバー移動の部品やバックランプまで頭が回らず、今日の作業は終了。ナンバーはガムテープで止めました。

後日取り寄せた、ナンバー移動セットと、フォグランプはこちらです!(この仕様で車検問題ありませんでした)造りもしっかりしていますのでお勧めです。リンク貼っておきますね!

と、いうことで、

リフトアップした足回りと、バンパーレスのクールさ、ステンマフラーの組み合わせがかなりいけてると自画自賛。ただし排気音が爆音で、50過ぎの僕が乗るにはいささか反社会的すぎると思いますので対策を考え中です。

次回ももう少し外装関係が続く予定ですが、9月に僕の写真展があるため、しばらくジムニー いじりは自粛しないと行けません。写真展の様子はこちらから↓では、また!

この記事を書いた人
Kouichi Teragishi

Teragishi photo Studio® 仙台在住のフォトグラファーです。

Kouichi Teragishi フォローよろしくお願いします!

Teragishi photo Studio® 撮影ご依頼はこちらから!
サイト内プリントサービスはこちらから!

コメント

ja 日本語

Copyrighted Image

タイトルとURLをコピーしました